賞味期限の迫った備蓄食品の活用方法について

忘れがちな防災備蓄食品を無駄なく使い切る!

高まる防災意識と備蓄食品

万が一の生活で欠かせない水と食料。私は阪神大震災を経験し、1週間以上水道とガスが途絶えた生活をしましたが、この水道とガスというものは、食べることと直結しているのだとそのときはじめて気づいたことをよく覚えています。そして水にも缶詰にも味があり、好みがあるのだということを知ることも大切です。

軽くて便利なフリーズドライ!食べるだけではない消費の方法

万が一のときに命をつなぐ食料品。水でもお湯でも、商品によってはそのままでも食べられるフリーズドライは試したことがありますか?軽くて持ち運びしやすいフリーズドライの活用法をご提案します。個人でも企業でも消費しきれなかった備蓄食品はこんな形で活用することもできるんです。

進化した水と缶詰

世界中で天災のニュースをよく目にします。地震、地震による津波、雷、台風による水害、竜巻など、自然の猛威というのは本当に突然容赦なく私たちの安全な生活を脅かします。日本でも近年、天災とその被害を目の当たりにすることが大変多くなりました。全く歓迎すべきことではないのですが、いまやどこで何が起こっても不思議ではありません。来ないのならば一生来なくていい天災にも、万が一のために備えておこうという防災意識が高まっているように感じます。
その高まった防災意識の中に「防災備蓄食品」というものがありませんか。容器や食品そのものの進化によって賞味期限がかなり長く設定され、いざというときに手軽に高い栄養価を発揮してくれたり、何よりも命をつないでくれる大切な食糧です。
ところであなたの家にはどういった「防災備蓄食品」がありますか?その賞味期限、消費期限は把握していますか?どのようにして保存、消費していますか?
昨今の防災意識の高まりもあって、備蓄食品の保存期間、おいしさの進化もすさまじいことになっています。しかしその保存した食品、賞味期限を切らせてしまい食べられず破棄になるというような、とてももったいないことも増えてきています。昔に比べると相当おいしくなっている備蓄食品ですが、期限のその少し手前までずーっと置いたままにして一斉に消費するのではなく、普段でも食べられるものを購入しておき、食べたらまた購入するという無駄のない保存「ローリングストック法」を取り入れながら、備蓄食品も普段食べているものと変わらない大切な食糧であることを念頭に、非常時に備えていきませんか?

備えあれば憂いなしの「備え」と「意識」

いつ来るかわからない万が一の事態に備えて、ご家庭で用意している防災備蓄品の中に、忘れ物はないでしょうか…?あったら便利なもののご紹介。そして最後に一度「防災備蓄食品」を通してご自分の「食品」への意識も考えてみませんか?防災に対してだけでなく普段の生活への向き合い方も少しだけ変わるかもしれません。

TOPへ戻る